アドセンス

ご案内

京都工芸繊維大学・伝統みらい研究センターのサイトへようこそ!

 伝統産業とは長い歴史において淘汰され残った技術を基礎とするものであり、その時代においては最も先駆的な先端産業であったといえる。また、人が長きに渡りその技術を伝えてきたということは、人に優しい技術であり、美しさや親しみなどの感動を与える技術であり、ひいては環境にも優しい技術であったと定義できよう。本プロジェクトの目的は、今考えられる技術と先人たちが残してきた知恵との複合化を行うことにより、新しいものづくりに応用するための研究を推進することである。このことは、日本文化との複合化を意味するものであり、そのための作業には、先人たちの偉業を敬い、いつくしみ、そして心をこめて今に応用させていただくことであり、日本人の心の底に流れている特質に響くものであることは、疑う余地もない。
 本センターのめざすところを「伝統みらい」の言葉にこめている。それは”伝統に内在された知恵を使って新たなものづくりを創成し、日本のみらいを切り拓く”ということである。

PHPビジネス新書に載りました



赤堀たか子様が書かれたPHP研究所出版のPHPビジネス新書『復活企業 強さの理由』の
中で、京都工芸繊維大学伝統みらい研究センターが出てきました。




伝統みらい倶楽部について

あなたも夏休みに伝統の技を研究してみませんか。


伝統みらい便り

伝統みらい研究センターが発行した「伝統みらい便り」をお届けします。



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0